スオミピアノ教室Diary(滋賀&富山)

スオミピアノ教室(滋賀&富山)のブログです。毎日の練習、生徒さんへのレッスンを通して感じた事や、演奏会のお話しなどを書いています。ピアノが大好きな方、ピアノを練習している方などにお役立て頂ける情報があると思いますので、是非ご覧ください。

2018年09月


ピアノを弾く理由の一つに、

美しいもの(芸術)への憧れがあると思います。

それはどんな小さな子供でも同じで、

優れた音楽作品との出会いには必ず感動があります。

私はいつも、優れた音楽作品に触れて欲しいと思いながらレッスンをしています。

指練習を行う時も、ソルフェージュを行う時も、

音楽的な演奏に結び付く様に心がけています。


ただ、音楽的・芸術的な表現の練習には、

電子ピアノでは限界があるので、

ピアノを始める子供達には、

本物のピアノを弾いて欲しいと思っています。


優れた音楽の作品には、音楽の神様が宿っていて、

「少し難しいかな」と、心配する様な作品であっても

素晴らしい音楽作品であれば、子供たちは弾ける様になってしまう事が多いです。

芸術作品が子供達を成長させるのですね。



ピアノ演奏で気をつけたいことの一つに、

「心にブレーキがかかると表現がストップしてしまう」という事があります。

「ブレーキがかかる」というのは、心の中の様々な不安が起こす事。

なので、なるべく心に不安を溜め込まない様に、いつも心掛けています。

でも、完全に心の不安を取り除くのは難しいですよね。

生きていれば色々あるのが当たり前で、歳を重ねればそれが増えてゆく。

でも、その経験は音楽表現の糧や支えになるはずです。

大切なのは、音楽を 響きを 可能な限り感じて

自分の表現しようとする音楽世界を信じて弾く事だと思います。

それから、とても大切なことは、

技術上の不安を取り除くこと。

技術上の不安は、レッスンと練習で取り除く事ができます。


大切なのは、音楽世界を信じて表現する事と

技術の問題をレッスンや練習でしっかり解決してゆく事です。



↑このページのトップヘ