スオミピアノ教室Diary(滋賀&富山)

スオミピアノ教室(滋賀&富山)のブログです。毎日の練習、生徒さんへのレッスンを通して感じた事や、演奏会のお話しなどを書いています。ピアノが大好きな方、ピアノを練習している方などにお役立て頂ける情報があると思いますので、是非ご覧ください。

2018年10月


来月になりますが、

奈良女子大学記念館 講堂(重要文化財)にて演奏致します。

秋の古都に響く スタインウェイの響き

私の想いが詰まったプログラムです。


〈演奏曲目〉

ラフマニノフ   絵画的練習曲集《音の絵》Op.33より

バッハ=ブゾーニ シャコンヌ ニ短調 BWV1004



たくさんのエネルギーを持った作品です。

重要文化財でのピアノ演奏。

どの様な響きが生まれるでしょうか。

今からとても楽しみです。

お客様に喜んでいただける演奏会になると嬉しいです。


奈良女子大



スオミピアノ教室のご案内

富山県富山市と滋賀県東近江市にてレッスンを行っています♪

~芸術を身近に、人生を豊かに~
体に無理のない自然な奏法で演奏しましょう。

ピアノを愛する仲間の輪が広がります様に

幼児から大人まで、幅広い年代の方に愛されるピアノを教室を目指しています。

ホームページ ww3.ctt.ne.jp/~cresc-pf/



昨日は防音の練習室へ行き、様々な曲を弾きながら、

ダンパーペダルを踏んだ音の響きについて思いを巡らせました。


数年前の話ですが、若いピアニストさんが私の演奏を聴いて、

「音がクリアに響く秘訣は何でしょうか?」と質問された事があります。

その時は上手く答えてあげられず、大変申し訳なかったと思っています。


さて、昨日に考えていたペダルを踏んだ響きのことですが、

ペダルによって音が濁ったり、音の洪水になってしまう時に、

ペダルを踏む足の事ばかり考えてしまいがちですが、

タッチ(指先へのエネルギーの流し方や、弾き方)を考えることが大切だと思います。

奏法によっては、同じタイミングでペダルを踏んでも濁らず、響きが整うことがあります。

奏法を研究する事で、自然な良い響きで演奏できる様になると思います。

奏法を変えてゆくのは独学では難しいので、良い先生の下で勉強するのが一番です。


さて、タイミングといえば、そろそろ紅葉のシーズンですね!

今年も美しい秋、美味しい秋を楽しみたいです♪





スオミピアノ教室のご案内

富山県富山市と滋賀県東近江市にてレッスンを行っています♪

~芸術を身近に、人生を豊かに~
体に無理のない自然な奏法で演奏しましょう。

ピアノを愛する仲間の輪が広がります様に

幼児から大人まで、幅広い年代の方に愛されるピアノを教室を目指しています。

ホームページ ww3.ctt.ne.jp/~cresc-pf/



↑このページのトップヘ