各地で梅雨入りも始まり、
ピアノの湿気対策に気が抜けない季節になりました。


私はよく様々な練習施設へ行くのですが、
先日はコンサートホールへ練習に行ってきました。


小さな部屋で弾く響きと、
大きなホールで弾く響きは大きく違います。
指先の意識を保ち音の響きをよく聴きながら弾くことで、
体の力んでいる部分がほぐれ、奏法が整い、
ピアノを弾く体の状態が整ってゆきました。


音響の素晴らしいコンサートホールでの練習は
普段の練習よりも多くの成果を得られます。



是非、皆さまも、音の響きを聴く為に演奏会などに出掛けて下さいね。
コンサートホールで演奏を聴くと、音楽を聴く耳が育ちます。
体と心の力を抜き、リラックスした状態で全身で音の響きに集中してみて下さい。
全身で音楽を聴く感覚をつかめる様になると思います。